最新ソーシャルレンディングサービス「Bankers」の特徴を解説!

ソーシャルレンディング特集

30代会社員のなおつんです。

私はメーカー勤務の傍らで個人投資家として米国株や投資信託などを数百万円ほど運用しています。

 

今回は2020年12月1日に新しくソーシャルレンディングサービスを開始した「Bankers(バンカーズ)」について特徴を解説していきます。

このサービスは「株式会社バンカーズ」が運営しています。

「クラウドファンディング」と「ソーシャルレンディング」の違いは私は特に意識していませんが、サービスを提供する業者によって変えているものや、最終的な投資先が自社不動産か他社への金銭融資かによっても区別される事があります。

「Bankers」を始める⇩
バンカーズ

ちなみに他のソーシャルレンディングについてもっと学びたい方は、別の記事で詳しく解説しているので参照してください。

関連記事:ソーシャルレンディング投資のメリットとデメリット

「Bankers」の概要

出典:Bankers

Bankersは投資家から集めた資金を不動産事業者へ金銭融資をして、その利益の一部を投資家に還元するサービスを提供しており、これをクラウドファンディングと呼んでいます。

ここ数年でソーシャルレンディング及びクラウドファンディングのサービス事業者がかなり増えてきていますが、Bankersも2020年12月1日にサービスを開始したばかりの新規サービスです。

会社の概要については後ほど詳しく解説します。

「Bankers」を始める⇩
バンカーズ

「Bankers」第1号ファンドの概要は?

Bankersが2020年12月15日から募集開始する第1号ファンドの概要は以下の通りです。

ファンド名:バンカーズ不動産・商業手形ファンド1号
募集金額:22,000,000万円
予定分配利回り:3.59~4.37%

募集期間:2020年12月15日 12:00 ~ 2020年12月21日 23:59
最低出資金額:2口、10,000円(最低投資額は20,000円~)
募集方式:先着順
分配時期:償還時

第1号ファンドから分かる事は利回りは低めの設定だと思います。

現状ではここまでの情報しか公開されておらず、次期に公開していくようです。

ソーシャルレンディング業者によっては積極的にファンドの募集をしていない業者もあるので、Bankersは次々にファンドを募集してもらう事を期待したいところです。

なおつん(左)
なおつん
今後のファンドに期待したい。
<キャンペーン中>投資家登録でAmazonギフト券500円もらえる!2021年1月15日まで

Bankersに無料で投資家登録するとAmazonギフト券が500円分もらえます。

期限は2021年1月15日までなので早めの登録をお勧めします。

「Bankers」を始める⇩
バンカーズ

「Bankers」の特徴

ここからはBankersの特徴をさらに詳しく紹介していきます。

最低出資額は1口1万円から

Bankersの第1号ファンドは最低2口からの募集なので、実施的に最低投資額は20,000円からなので、公式には最低10,000円からの投資となっているので、今後のファンドは10,000円からのファンドが出るかも知れません。

他のソーシャルレンディングによっては最低投資額が10万円からといったサービスもありますが、この初期投資の金額の大きさは初心者投資家の心理的ハードルに大きく影響を与えます。

口座開設手数料が無料

口座開設の手数料については以前は有料のサービスもあったそうですが、今ではどこのソーシャルレンディングサービスでも無料が当たり前になりました。

Bankersでは投資をするための振込み手数料と出金手数料は投資家負担となっていますが、具体的な出金手数料に関しては記載がありませんでした。

 

利回りは低めの設定?

まだ第1号ファンドのみの発表なので今後の募集されるファンドによりますが、Bankersの利回りは平均程度かやや低めの設定になっていると思われます。

「Bankers」を始める⇩
バンカーズ

日本円建ての投資が可能

日本円で投資が可能のメリットは為替の影響を受けない事です。

他のソーシャルレンディングサービスを例に挙げると、特に新興国などの外貨での投資した場合は為替の影響を大きく受けて最終的に日本円で償還した時にあまり利益が出ていない、またはマイナスになることもあります。

新興国の通貨では急激なインフレによって、日本円に換算した時には投資の旨味が無かったという事もあります。(もちろん逆の場合で大きく得をする事もあります。)

日本円建ての投資は日本人にとっては安心感が高いといえます。

 

運営会社の概要

Bankersを運営する「株式会社バンカーズ」ついても紹介します。

以下が会社の概要です。

商号:株式会社バンカーズ
本社所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門8F
TEL:03-6272-9680

代表取締役:澁谷 剛
資本金:5,800万円
設立:1974年8月
株主:株式会社バンカーズ・ホールディング
事業内容:
1.金融商品取引法に規定する第二種金融商品取引業
2.商業手形割引
3.手形担保融資
4.商工信用融資
5.不動産担保融資
6.サービス業務(取引先信用調査/経営コンサルティング
ホームページ:https://www.bkhd.co.jp/

設立は1974年とかなり老舗企業である事がわかりますが、親会社のバンカーズ・ホールディングは令和元年8月の設立となっており、この辺の情報についてはまだ分かっていません。

 

投資のリスク

ソーシャルレンディング投資において必ず理解しておかなければいけないのが「投資のリスク」です。

全てのソーシャルレンディング投資にもいえる事ですが、最大のリスクは事業者の貸し倒れです。

ソーシャルレンディング業者を通して出資したお金ですが、もし事業者の業績が振るわなくなったり資金繰りが悪化した場合は、投資したお金が投資家に戻ってこなくなる可能性があります。

今までにこういった貸し倒れなどの事故が発生していない業者であっても、今後も安全性を保証するものではありません。

ソーシャルレンディングを運営する大手の企業であっても過去に貸し倒れなどの事故も実際に発生しています。

 

リスクとリターンを各自で判断して投資されるようにお願いいたします。

さいごに

Bankersの特徴をおさらいしておきます。

<Bankersの特徴まとめ>
・1口1万円からの少額投資が可能
・口座開設が無料
・利回りは平均並みか少し低いくらい
・円建ての投資が可能

まだ情報が少ない部分もありますが、今後はどのようなファンドが出てくるのか楽しみです。

なおつん(左)
なおつん

「Bankers」に興味がある方は一番下にリンクを貼っておくので、投資家登録から始めてみましょう。
2021年1月15日までAmazonギフト券500円分が貰えるキャンペーン中です。

このブログでは会社員や学生さんの役に立つ情報や考え方を発信しています。

ぜひ興味があれば別の記事を読んでいただきお役に立てればと思います。

「Bankers」を始める⇩
バンカーズ

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
ソーシャルレンディング特集
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路