「投資信託」と「上場投資信託(ETF)」の違いとメリット・デメリットを比較

投資を学ぶのに役に立つ

30代会社員のなおつんです。

このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

今回は投資家が気になる「投資信託」と「ETF」の違いについてメリット・デメリットを解説し、結局どっちを選べば良いのかという事を比較していきたいと思います。

私は個人投資家としてFIRE達成に向けて日々活動をしており、投資や資産運用に関する記事もこのブログで紹介していますので、気になる方は他の記事もご覧ください。

「投資信託」と「ETF」はどっちが有利なのか

すでに「NISA」や「iDeCo(イデコ)」などの制度を利用している方は投資信託について良くご存じかも知れませんが「投資信託」と「ETF」はどっちが有利なのかという悩みがあります。

結論を先にいうと「その人の投資戦略によってはどっちを購入しても正解」ということです。

これについては次の項からの詳しい解説を読みながら、自分は「投資信託」と「ETF」どっちを購入すべきかを検討していただければと思います。

「投資信託」とは

最初に「投資信託」についての基礎知識をおさらいしておきましょう。

投資信託とは株式、債券、不動産、現物資産など様々な金融商品を詰め合わせてひとつの金融商品にしたものです。

投資信託ひとつの商品を購入するだけで、国や業界など幅広い分散効果が期待できる非常に優れた金融商品といえます。

出典:三井住友銀行

例えば全世界の株式に投資が出来る「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」という銘柄の投資信託では、この商品ひとつ購入するだけでアメリカを中心とした全世界の企業約8,000社に分散投資が出来ます。

通常、個別の企業の株式を購入する時には会社の業績や財務状況などを調査して投資判断をする必要があり、多くの労力と手間が発生します。

一方で投資信託を購入すれば、ファンドマネージャーがこれらの銘柄の選定や組み換えを全て行ってくれるので、投資家は何も考えずにその詰め合わせされた投資信託を購入するだけで済みます。

これらを代わりに行ってくれるファンドマネージャーへの手数料として「信託報酬」が支払われますが、これは投資信託の基準価額から自動的に差し引かれる形で支払われるため、投資家が直接的に支払いをする事はありません。

「上場投資信託(ETF)」とは

「ETF」は「Exchange Traded Fund」を略した言葉であり「上場投資信託」とも呼ばれます。

ETFも投資信託の種類のひとつですが、投資信託とは取引される形態が若干異なるのがポイントです。

ETFも証券口座で取引ができ、「楽天証券」や「SBI証券」などで購入が出来ますが、投資信託と決定的に違う点は、ETFそのものは個別の株式と同様にリアルタイムで取引ができるという事です。

投資信託は「基準価額」が1日1回だけ更新されて、売買してから取引が完了するまでに数日掛かりますが、ETFの場合は「株価」が市場の開いている時間はリアルタイムで変動し、売買などの取引もリアルタイムで行う事が出来ます。

ETFが「上場投資信託」と呼ばれる理由は、上場している個別の株式と同様に扱うという意味であるためです。

つまり、ETFは投資している中身は投資信託と同じですが、取引の扱いは株式と同様にリアルタイムで扱われるということになります。

「投資信託とETFはどっちが有利なのか」の結論

「投資信託とETFはどっちが有利なのか」という結論については、投資家のライフスタイルや投資戦略によってどちらを購入しても間違いないといえます。

少し雑な結論だなと思われるかも知れませんが、実際に私は投資信託もETFもどちらのメリットも享受したいと考えているため両方とも購入しています。

次の項ではもう少し具体的に投資信託とETFの違いについて深堀りして解説していきます。

「投資信託」と「ETF」の比較一覧

「投資信託」と「ETF」の違いを一覧にまとめたものが以下の表です。

取引できる時間の違い

投資信託とETFは取引時間の違いが若干異なります。

投資信託は基本的にいつでも購入の申し込みができますが、国内と海外のファンドで若干異なりますが、大抵の場合は営業日の2~3日後には取引が完了します。

一般的には、国内へ投資するファンドは購入申し込みした日の基準価額で取引され、海外へ投資するファンドの場合は、購入申し込みした日の翌日の基準価額で取引が成立します。

出典:楽天証券

出典:楽天証券

 

一方でETFの場合ですが、証券取引所が空いている時間であればいつもで取引が可能で、その時間におけるETFの価格で取り引きが即完了します。

扱いとして通常の株式と同じように取引が完了するため、買ったタイミングの価格によってリアルタイムで価格が変動します。

ちなみに米国の取引時間は、アメリカ東部時間の09:30~16:00が基準となっているため、日本時間でいうと23:30~06:00となります。(サマータイム中は22:30~05:00(日本時間)となる)

この間の時間であればETFはリアルタイムで売買取引が出来ます。

ただし日本とアメリカでは時差が大きいので、「楽天証券」や「SBI証券」などのネット証券ではETFの購入申し込みが出来る時間帯を拡大するなどして投資家の利便性を確保しています。

価格の変動タイミング

投資信託とETFの価格の変動のタイミングもそれぞれ違います。

投資信託の場合は「基準価額」が1日に1度だけ算出されます。

一方でETFの場合は、取引時間内であれば投資家によって売買が行われるので、株価が常に変動します。

配当金(分配金)の違い

投資信託もETFも購入する商品によっては配当金(分配金)を受け取る事も出来ます。

一般的に長期投資に向いている投資信託については、配当金をあえて出さすにファンド内で再投資する事によって複利効果を最大化しているものがほとんどです。

ETFは基本的にどの商品でも配当金が支払われ、米国株のETFは多くの場合は3カ月に1度の配当金が出ます。

投資信託については高い配当金を出す商品もある一方で、長期投資向きではない商品も多く存在しており、代表的なものは「毎月分配型(毎月決算型)」の商品です。

これについては関連記事でも詳しく解説しているので、商品選びで失敗したくない方は必ずご確認ください。

運用コストの違い

投資信託とETFはともに運用コストが発生しますが、投資信託の場合は基準価額に反映される事で間接的に運用コストを支払う事になります。

ETFも運用コストが株価に反映されるとことは投資信託の場合と同じですが、ETFは購入する時に証券会社に支払う売買手数料が発生する場合がほとんどなので、長期で運用する場合はこの手数料は無視できません。

投資信託でも売買手数料が発生する商品が多く存在しますが、「ノーロード」と呼ばれる購入時手数料が発生しない商品もあり、「楽天証券」や「SBI証券」など主にネット証券で取引されています。

取引通貨の違い

投資信託とETFでは取引通貨についても違いがあります。

投資信託は基本的に「日本円」で売買がなされるため、証券口座に入金されている日本円でそのまま投資信託を購入する事が出来ます。これは海外へ主に投資する投資信託でも同じです。

 

ETFは「日本円」や「アメリカドル」での取引が可能ですが、アメリカドルで購入する場合は日本円をアメリカドルへ一度換金してからETFを購入するというプロセスを経るので、為替の影響を受けることになります。

もしETFを購入する時に「円安」であれば、同じ金額でも購入できるETFの数は少なくなり、逆に「円高」になれば購入できるETFの数は多くなります。

これはETFを売却する時も同じで、売却時の為替によって日本円に換算した時の価値が変動するリスクがあります。

税金の違い

投資信託とETFは基本的に売却益と配当金に20.315%の税金が掛けられます。

しかし米国のETFの場合は、日本の税金20.315%に加えてアメリカの税金10%も掛けられ2重課税されます。

この場合は税金が多く発生するETFではなく投資信託の方が有利かと思えますが、アメリカの10%分の税金は確定申告することによって一部が還付されます。

また、投資信託の場合は配当金(分配金)が支払われない商品もあります。

これは配当金をあえて支払わないでファンド内で再投資する事で税金を発生させない仕組みとなっており、似たような商品であれば配当金が出ない投資信託の方が長期的に運用成績が良くなる場合もあります。

代表的な投資信託とETFを比較

ここでは「投資信託」と「ETF」をさら深く比較するために、投資対象が同様の商品において投資信託とETFをそれぞれ3つの商品を比較していきます。

今回紹介するのは投資先として代表的な以下の3つの商品です。

① 全世界株式(SBI・全世界株式 インデックス・ファンド 対 VT)
② 全米株式(楽天・全米株式 インデックス・ファンド 対 VTI)
③ S&P 500指数連動(eMAXIS Slim 米国株式 S&P500 対 VOO)

ETFの銘柄については、「VT」「VTI」「VOO」となっていますが、それぞれの銘柄の正式名称は以下の通りです。

VT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
VOO:バンガード・S&P500 ETF

なおつん(左)
なおつん

「バンガード」とはアメリカに本社がある世界最大級の資産運用会社の事です。
バンガード公式:https://investor.vanguard.com/corporate-portal/

上記3つの分類における市場の規模は「全世界株式 > 全米株式 > S&P 500」の順番に大きく、以下の図で表す事ができます。(図の面積の大きさはイメージです。)

2021年7月末時点の各ファンドの比較したのが以下の一覧表です。

設定来のトータルリターンはどの分類でもETFの方が勝っていますが、運用年月が長い事が考えられており、同期間のリターンではほぼ互角と考えても問題ありません。

トータルリターンは分配金を再投資した結果も考慮されているので、もっと長期間の尺で計算すれば結果は変わってくるかも知れません。

投資信託は分配金がないためファンド内で自動で再投資が行われますが、その分受け取り時の税金が掛かりません。

また、投資信託は証券会社へ支払う売買手数料もネット証券であれば掛かりません。

これらを総合的に比較すると、投資信託とETFはどちらも大きな差は無い事が分かると思います。

「投資信託」「ETF」どっちがおすすめなのか

投資信託とETFを比較すると、手数料や信託報酬などがどちらも一長一短の特徴を持っており、あとは投資家の好みで決めるのが良いかと考えています。

それでもまだ迷うという方は、投資信託が向いている人とETFが向いている人をそれぞれまとめたので参考にしてください。

投資信託が向いている人

投資信託の購入が向いているのは以下のような人です。

・つみたてNISAをしている人
・投資はほったらかしにしたい人
・長期的に運用したい人
投資信託は各社から低コストの商品がかなり多く出てきているので、ネット証券で気軽に買う事が出来るようになっています。
また、「つみたてNISA」「iDeCo(イデコ)」といった優遇税制制度との相性が非常に良く、節税しながら長期的に運用が出来るので、投資初心者には投資信託がおすすめといえます。
ETFが向いている人

ETFの購入が向いている人は以下のような人です。

つみたてNISAをすでに満額やっている人
確定申告が出来る人
投資中~上級者の人

「つみたてNISA」などの制度をすでにフル活用しており、もう一歩新しい投資にチャレンジしたいという方はETFの購入がおすすめです。

定期的に分配金が現金で振り込まれるので、精神的にも非常にメリットが大きく投資家としての気分が高まります。

ただし、米国のETFでは分配金に「2重課税」が掛かり、還付を受かるためには「確定申告」が必要になって来るため、少し手間がかかります。

いずれにしても投資信託を購入するかETFを購入するかは、投資家の好みで決めれば良いと思います。

長期的かつ分散投資でリスクを下げながら、確実に資産形成をしていきましょう。

興味があればぜひ別の記事を読んでいただきお役に立てればと思います。

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
投資を学ぶのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路