「ENEOSホールディングス株式会社」第10期 有価証券報告書

企業を知るのに役に立つ

30代会社員のなおつんです。

このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

今日は石油・エネルギー業界日本トップの企業「ENEOSホールディングス株式会社」について2020年6月30日にEDINETにて公開された有価証券報告書に書いてあることを抜粋しながら紹介したいと思います。

社名にもある「ENEOS」のガソリンスタンドは日本中どこに行ってもありますね。

2020年7月17日のYahooニュースでは ハイオク「レギュラーと同じ汎用品」 石油連盟会長「品質に差ない」 混合出荷 というニュースでENEOSホールディングス会長の杉森氏の発言が話題になりました。

私も昔はお金が無いのにも関わらずハイオク車に乗っていて「○〇のハイオクにしたらパワーが上がった!」という友達の口コミやネットの情報に踊らされていましたがどうやらハイオクはどこも同じだったようですね。笑




お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

「ENEOSホールディングス」の事業内容

ENEOSホールディングス株式会社は、旧社名「JXTGホールディングス株式会社」といい新日本石油(現在のENEOS株式会社)と新日鉱ホールディングス株式会社(現在のJX金属株式会社)の経営統合によって設立された東京に本社を構えるグループ会社です。

グループ全体で517社の子会社と持分法適用会社172社となり、事業内容は石油製品及び石油化学製品の製造と販売(いわゆるガソリンとか軽油などの燃料の販売ですね。)や非鉄金属などの製造・販売、石油・天然ガスの採鉱・開発及び生産、道路工事や土木工事にかかる石油関連設備の設計・開発と大きく4つの事業に分かれます。

基盤事業の燃料製造・販売以外にも成長事業として水添石油樹脂(紙おむつ向け接着剤用途)や自動車部材向け合成ゴム添加剤、電線絶縁材の技術的に優位性のある製品の開発と製造も行っています。

全てが紹介できないほど石油から出来る製品は非常に幅広い事を伺い知ることが出来ます。

今後は「ENEOSプラットフォーム」の構築を目指すことを宣言しており、カーシェアリング事業、カーリース事業、EV充電サービス事業などよりより地域密着型のサービスの検討と拡大を図っていくようです。

本社単体での従業員数は104名となっており、平均年間給与は約1,129万円です。

直近の業績

当期連結決算時点(第10期決算)での売上高は10兆117億円(前年比10.0%減)と営業利益は△1,130億円(前年5,370億円)となっており減収減益となっています。

当期純利益についても△1,879億円となり赤字決算となっています。

先ほども伝えたように石油から出来る製品は様々なものがありエネルギー業界は景気の影響をもろに受ける業態であります。

会計年度の世界経済は米国では堅調に推移したものの、米中貿易摩擦の影響で急激に鈍化しさらに年度末には新型コロナウイルス感染拡大とドバイ原油価格の暴落のダブルパンチを受けた事による業績悪化です。

新型コロナウイルスが流行ってから急激にガソリンが安くなりましたが、これは世界的な原油価格の影響によるもので一般消費者にとってはありがたい事ですが、石油製品を提供する側の業界にとっては原油の採鉱や精製などに多大なコストを掛けていますが、供給過多になって原油価格が暴落するとその採算が取れなくなり業績に影響を与えます。

中長期計画

ENEOSホールディングスグループの2040年のありたい姿として、以下の3つを挙げているので原文のまま紹介します。

1、アジアを代表するエネルギー・素材企業
当社グループは、「アジアを代表するエネルギー・素材企業グループとしてバリューチェーンの最適化を図り、お客様・社会が求める多様な商品やサービスの安定的かつ効率的な提供を通じて、社会の発展と活力のある未来づくりに貢献する。」
2、事業構造の変革による価値創造
当社グループは、成長分野のグローバル展開や技術立脚型事業の拡大を推進すると共に、今後のデジタル革命の進展や社会ニーズの変化を好機と捉えて革新的な事業を創出・実行することにより、新たな価値を創造する。
3、低炭素・循環型社会への貢献
当社グループは、環境負荷の低い事業を強化・拡大すると共に、環境対応型事業の強化、自社排出分のカーボンニュートラルの追求などを通して、低炭素・循環型社会の形成に貢献する。

2020年~22年度の具体的な財務計画としては累計営業利益を9,700億円、フリーキャッシュフロー1,500億円、ネット・デッド・エクイティ・レシオ0.8倍以下、ROE10%以上とした目標を立てています。

ネット・デッド・エクイティ・レシオとは有利子負債依存倍率といい、返済しなければならない有利子の借金に対して自己資本がどのくらいあるのかを示す指標で1を割っていると財務上の安全性が高いと判断されます。

今期の決算時点でのネット・デッド・エクイティ・レシオは0.7%となっていますので、会社の純資産と比べて借金が少ない企業と捉える事が出来ます。



お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

事業等のリスク

市場のリスクとして石油や金属から作られる製品の販売価格や市場価値によって業績に影響を及ぼします。

また、エネルギーにおいては世界的な原油価格によっても影響を受ける事からコントロールが難しい外部的要因によるリスクもはらんでいます。

さらにグローバル企業では避けられないリスクとして為替のリスクがあります。

これは海外での売り上げによって得られた外貨の利益を日本円に戻した時の為替分の差額や海外から原材料を購入した時にも為替の影響を受けて見かけ上の業績が大きくブレる事があり、ENEOSホールディングスのような企業はこれをリスクとして認識しておりデリバティブ金融商品などを保有する事によってそのリスクを抑えている場合がほとんどです。

個人に当てはめて例えると、日本とアメリカをめちゃめちゃ行き来している人がいるとしましょう。

日本円だけを持っているとアメリカドルが高くなった時に損をしてしまうからアメリカドルも半分くらい持っておけば、ドルが高くなったらドルでお買い物して日本円が高くなったら円をドルに両替してドルでお買い物出来るのでリスクを分散出来て安心という事ですね。

かなりざっくりした説明ですが、グローバル企業では海外売上や海外調達の際に外貨で支払う事が多く扱う金額も大きいためこのようなリスクヘッジをしています。

特質すべき点とまとめ

これらの事から分かったことを簡単にまとめると以下のようになります。

・2020年度の決算では新型コロナウイルスや原油価格の暴落によって減収減益となった。
・財務状況はネット・デッド・エクイティ・レシオ(有利子負債資本倍率)が0.7倍となっており、自己資本比率は43.9%である事からまだ比較的借金が少なく健全と思える。
・石油業界は生活必需品を多く生産・流通させている事から中長期的にみると世界人口の上昇に伴い需要を見込めるのと、今後この会社生み出すサービスなどの価値にも注目したい。

最後にひとこと、投資は自己責任で行いましょう。



お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
企業を知るのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路