投資信託は「信託報酬」ではなく「実質コスト」を見よ!

投資を学ぶのに役に立つ

 

30代会社員のなおつんです。

長期投資の王道は「低コスト」「インデックスファンド」「定額を毎月積み立て」といわれていますが、コスト面においては信託報酬だけを見て判断している人も多いと思います。

今回は信託報酬だけではない隠れコストについて解説し、「実質コスト」で商品を判断する方法を解説します。

私は資産運用をこのブログで公開しているので、興味がある方は関連記事をぜひご覧ください。

 

投資信託のコストのしくみ

投資信託というのは、ファンドマネージャーにお金を預けて代わりに運用をしてもらう事で、プロと同じような運用成績を出せる仕組みの金融商品です。

投資初心者であっても銘柄の分析やチャートなどを逐一気にする必要はほとんどなく、一つの商品を買えば様々な金融資産にまとめて投資が出来る手軽さが大きなメリットです。

 

投資信託を運用する時に支払うコスト

投資信託を購入して運用する時に考慮しなければならないのは、以下の3つの手数料です。

【投資信託の手数料】
① 購入時手数料
② 信託報酬
③ 信託財産留保額

今回解説するのは②信託報酬についてです。

投資信託を購入して運用する時にファンドマネージャーに支払う手数料の事を「信託報酬」といいます。

投資信託の規模の大きさを表す純資産額から信託報酬が差し引かれる形、つまりファンドに集まった資金の合計から信託報酬分を差し引くことで、投資家が間接的に負担するようになっています。

この信託報酬は商品によっても様々で、低いものだと年率0.1%程度、高いものだと年率3%程度の範囲にあることがほとんどです。

一般的にプロが積極的に運用するアクティブファンドは信託報酬が高く、株価指数に連動するインデックスファンドは信託報酬が低く抑えられている事が多いです。

 

信託報酬は3つに分配される

投資家が間接的に支払う信託報酬ですが、この信託報酬は3つの会社へ分配されます。

信託報酬は「委託会社」「販売会社」「受託会社」へそれぞれ分配され、分配される比率や金額もファンドによって異なります。

委託会社…ファンドを実際に運用するために、株式や債券などの資産の銘柄選定や売買などを行う。

販売会社…証券会社や銀行などの金融機関で、投資家が実際にファンドなどを購入するところ。

委託会社…ファンドの資産を管理・保管するところ。

このように基本的には3つの会社に分業した役割を持っており、信託報酬からそれぞれの比率に応じた報酬を受け取る事になっています。

 

投資信託の目論見書から引用

上記は実際の投資信託の目論見書から引用した画像ですが、このファンドの投資信託は年率0.1023%(税込み)となっており、それぞれ委託会社、販売会社、受託会社へ分配する比率も書かれています。

なおつん(左)
なおつん

【目論見書とは?】
投資信託の取扱説明書のようなもので、ファンドの投資先や資産の状況、信託報酬などの情報が見れるようになっています。

 

 

「隠れコスト」とは信託報酬以外のコストの事

信託報酬は前項で説明した通りですが、ここで忘れてはいけないのが「隠れコスト」です。

隠れコストは信託報酬以外のコストの事で、実は投資家が間接的に負担している費用になります。

投資家がファンドを選ぶ時に気にしなければいけないのは、信託報酬と隠れコストを含めた合計の実質コストです。

実質コスト = 信託報酬 + 隠れコスト

この隠れコストはファンドを運用している時に発生するもので、そのファンドが1年間以上運用をしていないと分かりません。

この隠れコストの部分は、毎年発行されるファンドの運用レポートにて実際に発生した費用を知る事になります。

なおつん(左)
なおつん

【運用レポートとは?】
投資信託を運用する会社が毎年発行している運用成績や発生した費用などをまとめた資料です。

 

隠れコストには以下のようなものがあります。

① 売買委託手数料
② 有価証券取引税
③ その他費用(保管費用・監査費用・その他)

これらのコストは信託報酬ほど高くないにしても、長期間で見れば投資家の運用成績に確実に影響を与えてくるものなので把握はしておきたいところです。

運用レポートから引用

上は実際の投資信託の運用レポートですが、信託報酬が0.117%となっていますが、実際には隠れコストも含めると、最終的な実質コストは0.178%となており、0.061%も別途費用が増えてることになります。

このファンドは業界でも最低水準の信託報酬を謳っているので、実質コストであってもかなり低いレベルですが、これを知っているか知らないかでは長期投資ではかなり成績に差が出ると思います。

 

隠れコストの有り無しでどれだけ運用成績が変わるのか

隠れコストが運用成績にどのくらい影響を与えるのかを知るために、信託報酬が0.5%のファンドの運用成績と隠れコストを含めた実質コスト0.75%(隠れコスト0.25%)の運用成績を比較します。

上のグラフの条件は、年率5%のリターンがある投資信託に初期投資額100万円を投資して、35年間運用した場合のシミュレーションです。

信託報酬のみで考えた場合と実質コストを含めた計算では、35年後に約37万円の差が付くことになります。

もちろん投資資金が大きくなればなるほどこの差は大きくなりますし、隠れコストが大きければ差はさらに広がります。

このように将来の期待リターンを計算する時には、隠れコストを含めた実質コストでシミュレーションしないと計画が狂う事にもなりかねません。

 

投資信託の隠れコストはアクティブファンドの方が高い傾向にある

前項のシミュレーションでは信託報酬が0.5%、隠れコストが0.25%、合計した実質コストが0.75%という計算でしたが、実在するファンドの隠れコストは商品によって様々です。

いくつかのファンドを確認してみたところ、信託報酬が低いインデックスファンドは隠れコストも低く、信託報酬が高いアクティブファンドは隠れコストも高い傾向にある事が分かりました。

インデックスファンド:信託報酬 0.1~0.3%、隠れコスト 0.05~0.06%
アクティブファンド:信託報酬 0.5~3.0%、隠れコスト 0.1~0.4%

これらはあくまで私が確認できたファンドの中での隠れコストですが、信託報酬が高いと隠れコストも高くなる傾向にあるようです。

また隠れコストはその年の運用の状況によって金額が多少は上下するので、毎年決まった費用が発生するわけでもありませんし、運用レポートに書かれている実質コストの実績が今後も保証される事もありません。

 

競合のファンドを比較する時は「実質コスト」を比較する

直近では大和アセットマネジメントが運用する「iFreeレバレッジNASDAQ100」という投資信託に対抗して、楽天から「楽天レバレッジNASDAQ-100(楽天レバナス)」という商品が誕生しました。

iFreeレバレッジNASDAQ100は信託報酬が0.99%(税込み)なのに対して、楽天レバナスは信託報酬が0.77%(税込み)とかなりライバルを意識した商品です。

しかし信託報酬が安いという理由だけで乗り換えるのは早計といえます。

ここまで記事を読んでくれた人なら分かりますが、楽天レバナスは誕生したばかりなので、隠れコストがまだ分かりません。

そのため実質コストで比較しなければ、どちらが本当に経費率が低いコストかどうかの判別が付きません。

このように、同じようなファンドが各社から出ている時は運用レポートを確認して、実質コストで比較するのが正しいファンドの選び方といえます。

 

まとめ

今回は投資信託の隠れコストについて解説しました。

今回の解説したポイントは以下の通りです。

① 実質コスト = 信託報酬+隠れコスト
② 信託報酬だけでは正しい運用シミュレーションが出来ない
③ インデックスファンドよりもアクティブファンドの方が隠れコストは高い傾向がある
④ 同様のファンドを比較する時は「運用レポート」で実質コストを比較する

以上が隠れコストと実質コストに関しての重要なポイントでした。

興味があればぜひ関連記事も読んでいただきお役に立てればと思います。

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
投資を学ぶのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路