【2022年3月更新】さあ、給料日だ!投資をしよう!

投資を学ぶのに役に立つ

30代会社員のなおつんです。

この記事ではFIREを目指す会社員である私の給料を毎月公開しています。

FIREとはなにか、また、私のFIRE達成までの道のりについては、下の関連記事で公開しているので、興味がある方は一緒にご覧ください。

2022年3月25日の給与明細

私はとある大手メーカーのグループ会社の営業関連部署で勤務しています。

いまの会社に勤めてからもう5年くらいは経ち、責任のある仕事も任されるようになっています。

なおつん(左)
なおつん

今月の給料明細はこんな感じでした。

2022年3月25日にもらった給料は以下の通りです。

相変わらず仕事は忙しく、25時間ほど残業したため残業代が55,000円となりました。

最終的な手取り給料は254,448円となり、まずますといったところです。

手取りの金額は残業時間にかなり依存している状況です。

 

新型コロナウイルスのせいで多くの会社でリストラされている現状を考えれば、仕事をもらえているだけでも恵まれているほうだと思います。

 

FIRE達成率

私は会社員として働きながらFIREを目指していますが、2022年3月現在までのFIRE達成率の推移は以下の通りです。

今のFIRE達成率は15.4%となっています。(上の図の赤い折れ線グラフ)

このFIRE達成率は投資の運用成績によって決まるので、株価によってかなり影響を受けます。

仕事の忙しさや残業とは関係ありません。

 

FIRE達成率の具体的な計算方法としては、生活費に対して投資から得られる収益がどのくらいかという計算式で求められます。

<FIREの達成率の計算式>
金融資産 × 期待利回り / 生活費(年)× 100

私の場合、現在の資産が1,100万円くらいなので、これを年率3%で運用したと仮定すると、年間の収益がだいたい30万円くらいになります。

 

この年間30万円が私の年間の生活費をどのくらい賄う事が出来ているのかというのが、FIRE達成率の考え方です。

もちろん株価は変動するので、毎年確実に3%の運用ができるとは限りませんが、上の計算式で出した方法では、生活費の15.4%が投資の収益だけで成り立っているという事です。

なおつん(左)
なおつん

最近は株価が乱高下しており、資産が減ったり増えたりを繰り返しています。

私がFIRE達成のために続けている事

FIRE達成するには、①収入を上げて投資の入金力を上げる事と、②生活コストを下げて節約をすることだと考えています。

少しでも収入を上げて、そのお金を投資に回す方法と、少しでも生活をコンパクトにして節約するすることでFIRE達成までのスピードがかなり早くなります。

先ほども説明したように、FIREとは資産から得られる収入でどのくらいの生活費を賄えるかという数値ですので、収入がいくら高くて入金力があったとしても同時に生活コストも高ければFIREまでは遠くなります。

ここで私が実際に続けている方法などをいくつか紹介します。

FIRE達成のために続けている事1「収入-投資資金=生活費」

私の毎月の給料は先ほど紹介した通り手取りで20万円を少し超えるくらいですが、給料から生活費を引いて余ったお金は基本的に全て投資資金に回しています。

FIREを達成するために必要なのは「収入-投資資金=生活費」という考え方です。

貯蓄や投資が出来ない人からよく聞く言葉は、「余ったら貯金や投資をしよう」という事ですが、これではいつまで経っても貯まりませんし投資も出来ません。

このような人の場合は「収入-生活費=投資資金」と考えてしまっているので、少し考え方と行動を変えて、「先に投資分を天引きして、余った分で生活しよう」と考えることをおすすめします。

 

FIRE達成のために続けている事2「おつとめ品の割引弁当」

節約の王道といえば自炊といわれていますが、私は自炊を全くせずに夕食はスーパーの安くなったお弁当を毎日食べています。

私はこれを数年間も続けており、毎月の食費は15,000円程度に抑えています。

スーパーのお弁当を食べる唯一のデメリットは健康面ですが、できるだけサラダやお惣菜を選んで食べるようにしています。

ここ最近は仕事が忙しいので、仕事が終わる時間になるとちょうどお弁当が安くなる時間になるので嬉しいです。

自炊が出来る人ならばもっと食費を節約できると思いますが、調理などの手間と時間を考えると今のスタイルに落ち着きました。

 

FIRE達成のために続けている事3「飲み物はインスタントで!」

喉が渇いた時には自動販売機でジュースなどを買うか、カフェに行って一休みしたくもなります。

わたしは節約のために自動販売機やカフェにいく事は滅多になく、ほとんどインスタントコーヒーか麦茶を作って飲むようにしています。

これによって飲み物にかかる費用はかなり抑える事ができるし、最近ではインスタントコーヒーもかなり美味しくなっているのでそれなりに満足もできます。

もちろん、友達と会う時や仕事の打ち合わせでは私もカフェを使う事もあるし、自動販売機で飲み物を買う時もあります。

自分ひとりの時には必要を感じないので、インスタントの飲み物を重宝しています。

 

FIRE達成のために続けている事4「投資を忘れるくらい仕事に没頭する」

以前、ネットで「投資で一番お金が増えた人」というような記事を見た事があります。

ひとりは、チャートに張り付いて株の売買をした人、もう一人はたまに株の売買をしていた人、最後の人は投資をしている事すら忘れていた人の3人を比較すると、最後の人が一番お金が増えたという結果があるようです。

つまり、着実に毎月積み立てて投資を行いながら、それを忘れるくらい仕事に没頭していた方が増える確率は高いという事が言えるというお話です。

これはあながち嘘では無いかも知れません。

投資に掛ける時間を少しでも減らして、仕事を頑張っているといつの間にか増えていたというのが精神衛生上も良いと思います。

最近、私も仕事がかなり忙しくなっているため運用成績を確認したりしていませんでしたが、この方が日々の株価の上下に一喜一憂せずにいなくてもいいので楽です。

 

FIRE達成のために続けている事5「コンビニからは足を遠ざける」

FIREを目指して投資を始めた事が理由なのかは分かりませんが、最近はコンビニで買い物をすることがほとんど無くなりました。

生活に必要なものは全てディスカウントストアなどで買うので、緊急で必要なもの以外はコンビニで買う事はありません。

私が最近コンビニに行ったのは水道代を支払う時です。

最近は水道光熱費もクレジットカードなどの電子決済に対応していますが、未だに現金のみでしか納付できないものも時々あります。

その時にはコンビニがあると非常に役に立ちますが、それ以外の用事では年に数回しか行かなくなりました。

 

FIRE達成のために続けている事6「家計簿はざっくり付けて、バランスシートで資産を管理」

FIRE達成には節約が重要という話をしてきましたが、私はきっちり家計簿をつけて管理しているわけではありません。

やっている事といえば、毎月の食費や消耗品などの費用をざっくりと把握している程度です。

食費:20,000円/月
消耗品:10,000円/月
水道光熱費:7,500円/月

上記のように毎月の大まかな自分の出費を把握して、買い物するときには「この買い物をすると、予算からはみ出るか?」という事を自分に問いかけてから買い物をしています。

例えば、私の食費であれば毎月20,000円掛かっているので、1日あたりの金額を計算すると約650円くらいです。

スーパーなどでお弁当を買う時に「650円/日」だけを意識して買うようにすれば、1ヵ月を通してもだいたい20,000円の予算内には収まります。

また、自分の保有している金融資産に関してもエクセルで管理表を作り管理をしていますが、毎日株価の変動などをチェックするのは精神的にもあまり良くないので、1ヵ月に1回だけ管理表を更新しています。

これだけの管理だけでほとんど手間は掛かりませんし、むしろ毎月お金が増えていく様子を可視化することでモチベーションを維持する事もできます。

 

コラム「もし年収1億円になったら…」

前の項で解説したように、私は無理のない程度で節約をしてそのお金を投資に回すという生活をしています。

この生活を続ければ将来はそれなりの資産が出来ると思っています。

ただ、資産を増やすだけではなくて、最近はどうやって生活の満足感を高めようかと考えるようになりました。

 

年収が1億円になっても今の生活は変わらない

生活の満足感は人それぞれだと思いますし、その時代によっても違うと思います。

たぶん、私がもし年収1億円くらい稼げるようになったとしても今の生活は変わらないと思います。

昔、お金が無かった頃は良い家に住んで良い車に乗る事が人生の豊かさだと思っていましたが、ある程度の資産が出来てからは、なぜか生活がコンパクトになり質素になりました。

年収1億円稼げるようになったとしても、いつも行く牛丼屋で頼む並盛の牛丼が、大盛になって卵を付けるくらいにしかならないような気がしています。

それくらい稼いでないので、どうなるかは分かりませんが。

 

今日よりも明日が良くなれば最高

「年収1億円になったとしたら…」という夢物語は良しとして、生活の中で豊かに感じる瞬間というのは、今日よりも明日が少しだけ良くなっているという感覚を覚えた時だと思います。

年収500万円の人が急に年収1,000万円になればかなり嬉しいですが、年収1億円の人が年収5,000万円になるとショックが大きいはずです。

このように、絶対的な金額で幸福感を表現するよりも、一歩ずつ前に進んでいるという感じを大切にしていきたいと思います。

 

「仕事は暇つぶし」だけども…

私は普段は会社員ですが、よっぽどヘタをしない限り基本的には毎年少しずつ給料が上がっていきます。

この前、会社で同僚と雑談をしていた時に、その同僚が「仕事なんて人生の暇つぶしだよ」と言っていました。

これについては私も普段同じように考えていますが、他人の口からその言葉が出た時には少し違う感覚を覚えました。

確かに人生は仕事が全てではないし、お金が全てでもありませんが、人生の時間の多くを過ごすところです。

別の角度から考えると、会社で仕事をする事で人生の膨大な時間を消費させてもらっていると考える事が出来ます。

とはいっても、「仕事は暇つぶし」という言葉を同僚などに言ってしまうと、やる気のないヤツと思われるので口に出して言わない方が良いかも知れません。

 

まとめ

「給料日くらい投資の話をしましょう!」という事で毎月の給料明細をこのブログで公開しています。

FIREを達成するためには、収入を増やして投資の入金力を上げながら、生活コストを出来るだけ下げる努力が必要という解説をしました。

FIRE達成を目指すことで実現したい人生を目指すと同時に、働くことを人生の充実だと考える事が出来ればお金に囚われない幸福な人生が歩めると思っています。

なおつん(左)
なおつん

この記事は毎月25日前後に更新しています。

私は投資やFIREなどの情報を公開しているので、興味があれば関連記事もご覧ください。

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
投資を学ぶのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路