SBI証券×三井住友カードの投信積立てでポイント還元サービス開始!

投資を学ぶのに役に立つ

30代会社員のなおつんです。

このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

みなさんは投資をしていますか?

私は会社員をしながらFIREを目指し、日々投資について勉強しながら、実際の運用成績をこのブログでも公開しています。

 

今回は2021年6月30日から始まる「SBI証券×三井住友カード」の投信積立でポイントが貯まるサービスがSBI証券から発表されたので、このサービスについて解説をしていきます。

SBI証券のクレカ投信積立とは

出典:SBI証券

2021年3月末時点で口座開設数が600万口座を超えた超人気のSBI証券ですが、クレジットカードで投資信託を積立購入できるサービスを開始する事が発表され大きな話題を呼んでいます。

SBI証券に口座開設をしようと思っている方や、すでに楽天証券などで投資をしている方にとっても有益な情報になりますので、詳しく解説していこうと思います。

クレジットカードを使って投資信託を積立購入できるサービスは、楽天証券が初めてだといわれており、すでに2018年10月からこのサービスは存在していました。

楽天証券の場合は、楽天カードを使って投資信託を積立購入する事で、購入金額の1%分の楽天ポイント還元を受けられ、これと同様のサービスがSBI証券でも発表されたという事になります。

SBI証券の場合は三井住友カードを使って投資信託を購入し、購入代金の0.5%のVポイントの還元を受けられるようになります。

もともと証券会社などの金融機関では、つみたてNISAなどで投資信託の積立購入できるサービスは以前からはありますが、この購入代金の支払を銀行ではなくクレジットカードにするだけでポイントがもらえるのは非常にお得のサービスといえます。

SBI証券

SBI証券×三井住友カードでポイント還元を受けるときの条件

個人投資家にとって非常にお得なサービスですが、このサービスを受けるには条件があります。

まずは、当然のことながらSBI証券の口座が開設されている事です。

SBI証券の中でもポイント還元の対象となる口座は、「つみたてNISA」「一般NISA」「特定口座」「一般口座」となります。

注意したい点は「ジュニアNISA」「iDeCo(イデコ)」は対象外になるという事です。

 

また、支払元となるクレジットカードは「三井住友カード」となります。

原則として三井住友カードが発行しているクレジットカードとなり、通常の「三井住友カード」や新しく登場した「三井住友カード(NL)」というカードも対象になりますが、例外的に提携先のポイントが貯まる「Amazon Mastercard」や「VISA LINE Pay カード」などはポイント還元の対象外となってしまうので注意が必要です。

なおつん(左)
なおつん

以下のカードは独自ポイントが付与されるため、Vポイント還元の対象外となります。(出典:SMBC 三井住友カード)

Amazon Mastercard
アリタリアVISAカード
IDEX CLUB VISAカード
ing・fanVカード
エメラルドSTACIA VISAカード
エメラルドSTACIA PiTaPa VISAカード
ペルソナSTACIA PiTaPa VISAカード
OSAKA PiTaPaカード
KIPS カード
京都ぷらすOSAKA PiTaPaカード
クラブ・ジ・アトレVISAカード
クリスフライヤーVISAカード
KOBE PiTaPa VISAカード
ザ・リッツ・カールトン大阪VISAカード ※
JTB旅カード VISA ゴールド
新AOYAMA VISAカード ※
Booking.comカード
タカラヅカレビューSTACIA VISAカード
タカラヅカレビューSTACIA VISAカードP
でんでんカード
Tカード プラス(SMBCモビット next)
dinos cecileカード
東京ドームグループTDポイントプラスカード
nimoca三井住友VISAカード
NEW ACCORDIA GOLF VISA カード
年間スタジオ・パス・プラスカード
はぴe VISAカード
ヒルトン・オナーズVISAカード
ハワイアンエアラインズVISAカード
フライング・ブルーVISAカード
プレミアムバンダイVISAカード
ベトナムエアラインズカード
PEPPY VISAカード
ベルメゾンメンバーズカード
ベルラピカVISAカード ※
HOP-VISAカード ※
ボークスVIP VISAカード
マイクロソフトカード
マツダM’zPLUSカード
minapita VISAカード
MOBAGE CARD
ヤマハミュージックメンバーズ プレミアム-VISAカード
Visa LINE Payクレジットカード
リーガロイヤルカード ※
ルートインホテルズPonta VISAカード
LuluCaパレッタVISAカード
ロイヤルオーキッドプラスVISAカード
ワイズカードVISA
One Harmony VISA

 

さらに、ポイント還元の対象となる商品ですが、SBI証券で積立購入できる投資信託は全て対象となり、投資家に大人気の「eMAXISシリーズ」や「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)」、さらには最近SBI証券から発表された「SBI・Vシリーズ」も対象になります。

 

SBI証券×三井住友カードのクレカ投信積立のポイント還元サービスを受ける条件をまとめると以下のようになります。

これらを満たせば、毎月自動で投資を続けながらポイント還元も受けられるようになります。

なおつん(左)
なおつん

個人的にはiDeCo(イデコ)が対象にならないのは非常に残念です。

今後のサービス改善を期待します。

「Vポイント」とは

今回の積立投資で還元される「Vポイント」について紹介しておきます。

以下、SMBC三井住友銀行のウェブサイトからの抜粋です。

三井住友銀行と三井住友カードで貯まる、SMBCグループ共通のポイントです。
振込手数料割引や景品交換で使えるほか、Vポイントアプリを使えば店頭やネットショッピングのお買い物で便利にお使いいただけます。

出典:SMBC三井住友銀行

 

Vポイントの使い道で人気があるのは、マイルへの交換やその他ポイントへの交換です。

交換先は非常に多いので調べるだけでも楽しみがありますが、代表的なものは「ANAマイル」「Amazonギフトカード」「Tポイント」「Pontaポイント」「nanacoポイント」「楽天Edy」「マックカード」などがあります。(本当にたくさんあります。)

ただし、交換先によっては還元率が悪くなる場合もあるので、よく調べてから交換先を選択する必要がありますが、1ポイント約1円と考えるとお得な使い方が出来ます。

SBI証券

「楽天証券×楽天カード」との比較

ネットでかなり話題になっている「SBI証券×三井住友カード」ですが、すでに「楽天証券×楽天カード」で同様のサービスをご存じの方も多いと思います。

今回は、SBI証券 VS 楽天証券と比較してどれくらいメリットがあるのかを検証しました。

上記を比較すると、最大でポイントを受けられる積立上限額が5万円までとどちらも同じですが、ポイント還元率は楽天証券が1%なのに対してSBI証券は0.5%となっています。

どちらの証券会社で最大5万円まで積立投資をした場合、楽天証券だと500ポイントが還元されるのに対してSBI証券は250ポイントとなります。

また最大の特徴の違いとしてはポイント投資が出来るかどうかという点です。

こちらは楽天証券で獲得した楽天ポイントは「1ポイント=1円」として投資信託の購入にそのまま使えますが、SBI証券×三井住友カードで得られたVポイントは投資資金として使用する事は出来ません。(2021年6月30日現在の情報)

これに関しては楽天証券に軍配が上がるので、今後SBI証券のサービス改善がされる事を期待したいと思います。

さらに還元率も楽天証券の半分の0.5%となるので、お得感で比較すると楽天証券が有利となります。

しかし、そもそも投資信託をクレジットカードで購入するだけでポイントが還元されるこのサービスそのものは投資家にとって非常に嬉しいものですし、投資初心者のハードルをぐっと下げてくれるサービスである事には間違いありません。

★無料でカードを発行する★三井住友カード(NL)

期間限定「スタートダッシュキャンペーン」でポイント還元率が1.5%に!!

ポイント還元率、ポイントの使い道では楽天証券がいまのところ有利というお話でしたが、今回SBI証券が発表している「スタートダッシュキャンペーン」を使用すれば一時的にポイント還元率を1.5%にする事が出来ます。

このキャンペーンでは通常0.5%のポイント還元率を1.5%まで上げる事で、最大4,500ポイントの還元を受ける事ができます。

最大4,500ポイントを受けとる条件としては、以下の条件を満たす必要があります。

・毎月5万円積立設定し、2021/8/2(月)~2022/1/5(水)に6回買付を実行
・期間内に三井住友カードが発行したVポイントが貯まるカードで投資信託積立を行う
・投資信託積立設定期間:2021/6/30(水)~2021/12/10(金)
・投資信託積立設定締切日:2021/7/10(土)、2021/8/10(火)、2021/9/10(金)、2021/10/10(日)、2021/11/10(水)、2021/12/10(金)
【投資信託買付日】:2021/8/2(月)、2021/9/1(水)、2021/10/1(金)、2021/11/1(月)、2021/12/1(水)、2022/1/5(水)
・ポイント受け取り時期:投資信託積立設定締切日の当月末日(予定)

すこし細かい条件ですが、期間限定のキャンペーンですので、SBI証券で投信積立を考えている方は早めの申し込みをする方が良いと思います。

SBI証券

SBI証券×三井住友カードを始めるとお得になる人

ここまでSBI証券×三井住友カードのクレカ積立でポイント還元を受けられるサービスと楽天との比較も紹介してきましたが、どのような人がこのサービスを使うとおススメかということについて解説します。

私の結論としては、すでに楽天証券×楽天カードで5万円を毎月積立購入している人で、さらに余剰資金で投信を購入したいと考えている人です。

今の段階では楽天証券のサービスの方が若干有利なため、まずは楽天証券で最大5万円まで積立をして最大ポイント還元を受けとり、それでもまだ積立金額を増やして購入したいのであれば、5万円を超えた部分をSBI証券×三井住友カードで積立をすれば良いと思います。

ただし、SBI証券はネット証券の中では他のサービスもかなり優れているので、今後ともSBI証券をメインで使っていきたいと考えている方はSBI証券×三井住友カードの投信積立をするのもアリだと思います。

 

これを機に年会費無料の「三井住友カード(NL)」を作るのがおススメ

出典:SBI証券

SBI証券で投信積立をこれから始めようとする方は、ぜひ三井住友カード(NL)を作る事をおススメします。

このカードのメリットは年会費が無料である事に加えて、対象店舗で使用する事でポイント還元率が5%になることです。(セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドが対象)

なおつん(左)
なおつん

対象のコンビニとマクドナルドで5%還元を受けられるのは嬉しいですね。

またカードの題名にあるように、クレジットカードの表面の番号が一切無い画期的なカードです。

カード番号は専用のウェブサイト「Vpass」などで確認する事が出来ますが、カード本体には番号の記載が無いので、カード番号が漏洩するリスクが少なく安全性が高いといえます。

年会費は無料なのでSBI証券で投信を始める方は、これを機に最新のクレジットカードを作る事を検討してみてください。

★無料でカードを発行する★三井住友カード(NL)

まとめ

「SBI証券×三井住友カード」という組み合わせによって投資の間口が非常に広い時代へとなりました。

このサービスはすでに楽天証券が先行していて、それに追いつく形で今回SBI証券からこのようなサービスが発表された事を考えると、各社で熾烈なサービス競争が起きている事は間違いありません。

今回はサービスの紹介と「SBIと楽天どちらがお得か」という疑問に正直にお答えしたかたちでの内容になりますが、先ほども少し触れたように、そもそもこのようなサービスが存在する事自体が投資家にとって非常に嬉しい事です。

ひと昔前は高い手数料を払って証券会社の窓口でしか株式や投資信託が買えなかったのが、ネット証券の誕生によって手数料がかなり安くなり、今では逆にポイント還元も受けられるようになったことを考えると、投資家にとって追い風になるような時代に突入したといえるでしょう。

また、現在のサービス内容が永久に続くという事もあり得ません。

競合他社のサービスが改善したり、時には改悪する可能性がある事にも念頭において、これらのサービスと付き合っていく必要があると改めて感じました。

なおつん(左)
なおつん

「SBI証券×三井住友カード」の対象口座をIDeCoにも拡大してくれることを私は熱望します。

私は日頃からこれらのサービスを研究し実際に投資をした実績などもこのブログで公開しています。

ぜひ興味があれば別の記事を読んでいただきお役に立てればと思います。

SBI証券

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
投資を学ぶのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路