米国高配当ETFよりもインデック投資の方が結局リターンは高い?

投資を学ぶのに役に立つ

30代会社員のなおつんです。

このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

今回は米国高配当ETFで代表的な銘柄である「VYM」「HDV」「SPYD」とインデックス投資とのトータルリターンを比較して、どちらの方が高い利回りがあるのかを解説します。

私は米国高配当ETFを含めて資産運用の実績を公開していますので、興味がある方は関連記事もぜひご覧ください。

米国高配当ETF「HDV」「VYM」「SPYD」について

米国高配当ETF「VYM」「HDV」「SPYD」について2021年10月時点での情報をまとめたのが以下の表です。

私もこの3つのETFには分散投資を行っており、3カ月に1度の分配金をいつも楽しみにしています。

今回は全米株式に連動するインデックスファンドである「VTI」を使って各高配当ETFのチャートなどを比較していこうと思います。

VYM

VYMの正式名称は「Vanguard High Dividend Yield Index Fund ETF Shares」といいます。

VYMが誕生した2006年11月から2021年9月までのVTIと比較したチャートは以下のようになっています。

VYMとVTIの同期間のチャートを比較すると、VYMはVTIよりも大きく下回っている事がわかります。

この約15年間でVTIは3.2倍になっているのに対して、VYMは約2.0倍となっています。

また2020年のコロナショックにおいては、VTIは約33.0%の暴落に対してVYMは約32.5%の暴落とほぼ同じくらい下落しています。

コロナショックから株価が暴落前まで回復するまでに掛かった日数は、VTIが約5か月間だったのに対して、VYMは約10ヵ月間も要しています。

VYMの分配金の推移は以下の通りになっています。

長期間で見るとやや右肩上がりの分配金の推移となっており、直近の3ヵ月ごとの決算時点の分配金は約0.7~0.8ドルの間で推移しています。

全期間の1株あたりの分配金の合計は29.1ドルとなっており、これを株価チャートのリターンに合算して計算した場合、VYMは約15年間で約2.6倍のリターンを出している事になります。

VTIは同期間で3.2倍のリターンを出している事を考えると、高配当ETFであるVYMでもインデックス投資には負けているという事が分かります。

 

HDV

HDVの正式名称は「iShares Core High Dividend ETF」といいます。

HDVが誕生した2011年3月から2021年9月までのVTIと比較したチャートは以下のようになっています。

HDVとVTIの同期間のチャートを比較すると、HDVはVTIを多少上回っている期間がありますが、最終的にはVTIよりも大きく下回っている事がわかります。

この運用期間である約10年間でVTIは3.3倍になっているのに対して、HDVは約1.8倍となっています。

2020年のコロナショックにおいては、VTIは約33.0%の暴落に対してHDVは約31.6%の暴落とVTIよりは多少ダメージは少なかったようです。

だたコロナショックから株価が暴落前まで回復するまでに掛かった日数は、VTIが約5か月間だったのに対して、HDVは約1年間掛かっているので回復するまでに時間が相当かかったといえます。

HDVの分配金の推移は以下の通りになっています。

設定来からの分配金の推移を見るとやや右肩上がりとなっており、直近の3ヵ月ごとの決算時点の分配金は約0.7~0.9ドルの間で推移しています。

全期間の1株あたりの分配金の合計は28.54ドルとなっており、これを株価チャートのリターンに合算して計算した場合、HDVは約10年間で約2.4倍のリターンを出している事になります。

VTIは同期間で3.3倍のリターンを出している事を考えると、高配当ETFであるHDVはインデックス投資には最終的に負けているという事が分かります。

SPYD

SPYDの正式名称は「SPDR Series Trust – SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF」といいます。

SPYDが誕生した2015年10月から2021年9月までのVTIと比較したチャートは以下のようになっています。

SPYDとVTIの同期間のチャートを比較すると、SPYDはVTIをわずかに上回っている期間がありますが、最終的にはVTIよりも大きく下回っている事がわかります。

この運用期間である約6年間でVTIは2.1倍になっているのに対して、SPYDは約1.3倍の増加にとどまっています。

また2020年のコロナショックにおいては、VTIは約33.0%の暴落に対してSPYDは約43.5%も暴落しており、VTIと比較すると非常にダメージが大きかった事が分かります。

さらにコロナショックから株価が暴落前まで回復するまでに掛かった日数は、VTIが約5か月間だったのに対して、SPYDは約1年間掛かっているので回復するまでにかなり時間がかかり投資家のストレスも大きかったと思われます。

SPYDの分配金の推移は以下の通りになっています。

設定来からの分配金の推移を見るとほぼ横ばいとなっており、直近の3ヵ月ごとの決算時点の分配金は約0.2~0.6ドルの間で推移しています。

全期間の1株あたりの分配金の合計は9.22ドルとなっており、これを株価チャートのリターンに合算して計算した場合、SPYDは約6年間で約1.6倍のリターンを出している事になります。

VTIは同期間で3.3倍のリターンを出している事を考えると、高配当ETFであるSPYDはインデックス投資には最終的に負けているという事が分かります。

 

投資家の悩み「高配当ETF」か「インデックス投資」か

投資家に人気の米国高配当ETFにおいても、最終的なリターンはインデックス投資の方が高いという事が分かりました。

VTIも分配金は出ますが、今回はVTIだけは分配金を含めないというハンディキャップがあっても、最終的なリターンは全米の企業に分散するインデックスであるVTIに軍配が上がりました。

それでも高配当ETFは保有しているだけで定期的に現金収入が入ってくるので、非常に魅力的な商品であることには間違いありません。

ただし、分配金を受け取る時に米国と日本の両方の税金が発生する点には注意が必要で分配金を再投資すると資産運用の効率はさらに悪くなります。

それでも実際私自身も資産の40%以上は今回紹介した「VYM」「HDV」「SPYD」などの米国高配当ETFが占めています。

私自身の資産配分の割合(2021年9月末現在)

 

もちろん「NISA」や「確定拠出型年金」などの制度を利用してインデックス投資も行っており、インデックス投資の方が最終的なリターンが良いと分かってはいますが、それでも高配当ETFは魅了があり毎月定額を購入しています。

まとめ

今回は米国高配当ETFである「VYM」「HDV」「SPYD」がインデックス投資に勝てないという結果になりました。

しかし高配当ETFは不労所得である分配金を定期的に振り込んでくれるので、その人の投資スタイルに合わせて選択する事が重要だと思います。

私はこれらのETFを今後売却する予定は全くなく、永久保有しても良いかと考えています。

保有しているだけで分配金が受け取れるので、老後は年金代わりにもなる事を考えると、今のうちからこれらの資産を少しずつ積み上げておこうかと考えています。

なおつん(左)
なおつん

高配当ETFの分配金は課税されるので、長期的にはインデックスの方が効率は良いのですが。。。

このブログでは会社員や学生さんの役に立つ情報や考え方を発信しています。

ぜひ興味があれば別の記事を読んでいただきお役に立てればと思います。

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
投資を学ぶのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路