会社員投資家が45歳までにFIREを目指す理由とは?

投資を学ぶのに役に立つ

30代会社員のなおつんです。

「大手企業だから安心」「年功序列だから給料は増え続ける」というのはもう昔の話となりました。

こんな時代だからこそ早めにFIREを達成するために準備をして、豊かな人生を送られるようにしましょう。

私は資産運用をこのブログで公開しているので、興味がある方は関連記事をぜひご覧ください。

希望退職の対象は45歳から

今後の日本の人口減少予想に伴い、商品やサービスの国内の需要が見込めない中、企業としては海外に目を向けた戦略や、新しいビジネスモデルの開発などが急務となっています。

実際に私の勤める会社でも、特に若手社員を中心として「新しい価値の創造」や「経営のビジョン」などといった議論がされています。

そんな中で年功序列の恩恵を受けて高い給料を貰っているのにも関わらず、こういった時代の変化に対応できない45歳以上の社員が会社から早期退職や希望退職の選択を迫られるケースが多いようです。

記憶に新しいのは、2008年に起こったリーマンショックによって多くの企業の業績が悪化し、社員がリストラされる憂き目にあった人も多いと思います。

しかし、これまでのリストラと違うのは、大手企業を中心として経営黒字の企業が早期退職者を募集している事です。

【過去のリストラ】
・業績が悪化し、社員を雇う余裕が無くなったため
・「内定取り消し」など年齢に関係なく影響があった
【最近のリストラ】
・将来の会社が生き残っていくための戦略として
・主に45歳以上の中堅以上の社員が対象となる

このように過去と現在では同じリストラでも大きな変化がある点には注目です。

 

45歳以上でも悲観する事はない

リストラの対象となるのは45歳以上という事ですが、すでに45歳以上の人はどうすれば良いのか、戦略としては以下の方法があります。

【45歳以上が生き残る戦略】
・出来るだけ長く会社に勤める(希望退職に応じない)
・社内で希少性・専門性の高いスキルを高める
・教育や人材育成の関連する仕事への異動を検討する

これらは実際に私の会社に定年まで勤めたあと、雇用延長で働いている人からアドバイスをもらった話が元になっています。

希望退職には頑なに応じず会社にぶら下がり続けるというのは、自分のプライドが許さなかったり、今までお世話になった会社に申し訳ないと思う人もいるかも知れませんが、そう思えるのはまだ余裕があるからかもしれません。

しかし、現実を見れば自分が生き残れるかの重要な選択なので、手前味噌の方法ですが出来るだけ会社に長くお世話になるというのが、結局のところ一番いい方法という事です。

あまりにも仕事が出来ないと、若手の社員からは冷たい目で見られるかも知れませんが、社内で自分にしかできない仕事を獲得する事で頼られる存在になります。

ただし、実際には希少性・専門性が高いスキルの事を勘違いしている人も多いようで、例えば営業職の場合、「出来るだけ多く営業先に足を運べ」「服装や時計には気を使いなさい」というアドバイスは、希少性でも専門性でもありません。

営業職であれば取引先との顔で繋がっている事が大きので、自分が築いてきた人脈こそが貴重なものになります。

「あそこの営業先は○○さんと仲が良いから」と社内で言われるように、自分の顧客を何人も抱えておけば、若手に交代される事はありません。

ただし、これらの顧客を自分のものにだけしておくのではなく、若手も一緒に連れて行き潔く顧客を譲ってあげるくらいの気持ちを持っていた方が良いです。

つまり、会社にぶら下がりながらも成果を出して会社に貢献するというマインドさえあれば、そこまで冷たくされる事はないと思います。

 

また、最近私の会社でも多いのが、45歳以上になって役職を目指すのではなく、かといっていち営業としてプレイヤーの仕事をするわけでもない社員がいます。

それが若手などの人材育成に関わる仕事をしている社員です。

45歳以上になり、若手よりも変化に対応がしにくいとはいえ、今までに得てきた経験やスキルはかなり膨大なものになります。

自分は営業の一線を引き、社内の人材育成の仕事を目指すのは45歳以上の会社員の戦略してはアリかも知れません。

人材育成もやり方をひとつ間違えれば、若手にとってはただ鬱陶しいだけのモノになるかも知れませんが、頼れるおじさんとして陰ながら支えるくらいの気持ちで十分です。

 

45歳といえば周りは課長や部長などの役職に就いている人もいて、劣等感に苛まれ気が散る事もありますが、リストラに遭って仕事が無くなる事と比べれば、こういう社会だからこそ思い切りも重要だと思います。

 

全ての会社員はFIREを目指す意識を!

業績が良い企業で働き、いくら優秀な社員であったとしても、早期退職の対象として判断される可能性はあります。

では現役世代から準備できる事は何かというと、それがFIREを目指す事です。

「FIREを達成出来るのは高収入の人だけ」という意見もありますが、達成できるかどうかは抜きにして、FIREを目指す事は全ての会社員にとって必要な事です。

FIREは資産運用の収益だけで生活費の全てをまかなう事が出来るという生活スタイルの事です。

しかし、全ての生活コストを支払えるくらいの資産を保有するには、年間生活費の25年分資産が必要となります。

例えば1か月の生活費が20万円の場合、年間生活費は240万円になり、必要な総資産の金額は、

240万円 × 25年間 =6,000万円

となり、6,000万円を4%で運用すると、元本を減らさずにちょうど生活費を全て支払えるという事になります。

ちなみに私の場合は、生活費が毎月10万円程度なので、FIREを達成するまでに必要な資産は3,000万円程度で済みます。

普通の会社員であれば現役時代に数千万円の資産を作る事は簡単ではありませんし、FIREを達成するのもかなりハードルの高い事だと思います。

しかし、FIREを100%まで達成出来なくても、少なくともFIREを目指す事は誰でも出来ます。

例えば、生活費の50%を資産運用の運用だけで獲得し、残りの50%は働いて稼ぐという方法もあります。

50%でも難しい場合は30%や10%だけでも十分です。

年間生活費240万円の人が生活費の30%を資産運用だけで補うには、資産が1,800万円あれば可能です。これが10%の場合は600万円で済みます。

リストラなどで今の会社で働けなくなって転職をして給料が大幅に下がるような状況に追い込まれても、資産によってある程度の生活は保証出来る事を考えればかなり精神的に負担は少ないはずです。

全ての現役世代は、こういった事態に備えておくためにFIREを目指す事はすでに常識となりつつあるかも知れません。

45歳までにFIREが達成出来るか?

私は30代の会社員として働きながらFIREを目指す投資家です。

2021年11月現在、私の運用している総資産が1,000万円を少し超えたという事は別の記事でも紹介していますが、このままいけば45歳になったときにはFIREが達成出来る見込みです。

この予想は今の生活費を45歳以降も維持しながらの予定なので、生活スタイルが今後変化する可能性などを考えると、その都度計画を見直す必要があると考えています。

それでも、毎月の積立投資で少しずつ資産が増える事で、いざという時のリスクヘッジをしながら生活が盤石になっている事が実感できています。

もし、45歳でFIREが達成出来なかったとしても、生活をするためのお金はある程度は確保できるので、リストラに遭ったとしてもアルバイトなどをしながら食いつないでいく事も出来ます。

私はFIREの達成率や給料も毎月このブログで更新しているので、興味があれば関連記事もご確認ください。

なおつん Lv.若手平社員

30代会社員のなおつんです。
このブログでは30代会社員の悩みを同じ会社員へ向け共有し、今日よりも明日へ一歩前進できるような記事を書いています。

私は製造業(メーカー)の営業系の部署で働いており、年に数回海外出張もします。

個人投資家として様々な投資案件もチャレンジしてFIREを目指して奮闘中です。
会社員や投資家の方にとって有益な情報を発信しています。

なおつん Lv.若手平社員をフォローする
投資を学ぶのに役に立つ
シェアする
なおつん Lv.若手平社員をフォローする
30代会社員ブロガーの末路